忍者ブログ
ドラクエ10のお遊び日記
<< 07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    09 >>


2017/08/18 (Fri)                  [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2014/06/19 (Thu)                  Life is …
今メンテ。
6時からあるってことはわかってたけどね。

何のメンテかけださんに聞かれたけど、「さあ?」って言ってしまった。
→けだまん
(最近すっかり人間ばっかりなので、エルフの顔を忘れそう・・・)

だってメンテの目的は知らなかったの。

知ってもしょうがないことは調べない性格。



生きてれば色々あります。

思い通りに行かない時、つまづいた時、原因を徹底分析して、次からこのような事態にならないようにしよう、と、昔は思ってましたし、今もおおむねそう思っていますし、多分一般的にそう心がけることは良いこと(正しいこと?)とされていると思います。

けどですね。

徹底分析して、その分析結果をフィードバックし続けて暮らしていても、やっぱりうまく行かない事は必ず起きますよね。
時間は戻らないし、戻ったからって必ず結果を良い方向へ変えられるわけでもない。
そのつど、自分なりに良かれと思ってやってることだから、もし時間を戻して違う選択をするチャンスがあっても、その時に記憶(時間を戻す前の「現在」の記憶)を消されれば、きっと同じことをすると思います。

そして、誰かにとってはAという選択が良いと思えても、別の誰かにとってはBという選択が良いと思えたりする。
その先に続く、たとえば数ヵ月後にはAの選択が成功でも、さらに1年経ったら結果的にはBを選択していたほうが良かったりして、さらに数年経てば・・・

結局 永遠に判らんのです。

勿論過去の色々を基準にして、未来がよりよくあるように願いながら、最良と思える道を選びはするけど、いくら考えても、その選択が正しいかどうかは時間が経たなければわからないのです。

決めて選んだ道。

この先の岐路でいちいち考え直すことはあっても、歩いてきた後ろのほうの選択を
「もしあっちの道へ行ってれば・・・?」
と考えても、どうせあっちの道にはもう行けないんだもの。

まあ、それでも考えてみることはあるけど、取り戻せない、変えられないものを考えても仕方が無い。
その時考えて、良いと思って選んだ事実も変わりないのだし。



ここのブログの記事とコメントでご心配くださった皆様、苦言くださった皆様、お騒がせして申し訳ありませんでした。
色々考えさせられる事でしたし、尋ねてみたい事もありましたが、どうあっても関係者が揃って話し合うこともないのに真実を明らかにすることは出来ないし、文字だけのやり取りでお互いの真意が伝わりきらないというのもはっきりしています。
そして、事実関係がなんであれ、すでに「過去」なので、今言うことはありません。


元気か?と聞いてくださった皆様へ。
元気ですよ~。
考えることはあるけれど、他にもいろいろ、山も谷もたくさんあって、そのひとつの谷だと思っているので、普通にやってます。
ゲーム(遊び)だから気楽に楽しくやりたいとは思うけど、人がいて生き生きと過ごしている、リアルのようなアストルティアでは、時には大変なことがあるのもリアルと同じ。


また、これまでどおり、攻略の役にも立たない日記をぽつぽつ書いていこうかなと思っていますemoji
PR
// この記事にコメントする //
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[601]  [600]  [599]  [598]  [597]  [596]  [595]  [594]  [593]  [592]  [591


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/11 二刀始めたルーガス]
[03/31 サク]
[03/23 食べ過ぎルーガス]
[03/11 ネーヤ]
[02/26 サク]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
サク
性別:
女性
職業:
兼業主婦
趣味:
すぐ飽きますが色々
バーコード
ブログ内検索
P R

Designed by TKTK
PHOTO by *05 free photo

忍者ブログ [PR]