忍者ブログ
ドラクエ10のお遊び日記
<< 05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>


2017/06/23 (Fri)                  [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013/04/06 (Sat)                  修整後ガルゴル 3比較
どうやら風邪を引いたくさいサクです、おはようございます
いや~気がつかんかったわ~~~。
たぶんこれは、大量殺戮にあったガルゴルの恨みだと思われます!!!!


昨夜、つまり5(金)から6(土)になった直後のころからアタマが痛くなった。

あれおかしいな、すっごい寝たから疲れてるはずないんだけど
肩こりかな。いや、あんまこってないな~

日ごろから睡眠不足、ささいな疲労、ちょっとしたストレスでもすぐアタマ痛くなる系なので、いつものこと~って感じでバファリンを飲んだ。
でも1H半もしたらいつもは効いて来るのに、2H経ってもまったく少しも痛みが軽減しない。

疲れているサイン?寝ようか?
と思ったが眠くない・・・ゆえに、ペパーミントのエッセンシャルオイル(アロマテラピすと1級です)をデコに塗りたくると、軽減してきた。
しかしそれも小一時間のことで、まためっちゃ痛くなってきた。
バファリン飲んで3時間半経ったところで、ロキソニンを服用。
(最低でも4時間あけろというのが一般論。3時間半はギリギリ限界
いつもの頭痛ならこれでさすがに効いて来るのに、まったくもって少しも頭痛がおさまってこない。
軽くもならない。

でも眠くないので、もっかいペパーミント・・・
その後朝まで4回ペパーミント。
さすがにもう耐えれんこの痛み、30分経ったら3回目の鎮痛剤かと思いながら朝ごはんをもぐもぐしていると、急に鼻がむずむず。

ガルゴル中、くしゃみしながら横にティッシュの山が

花粉症の薬がおとといから変わったので、
「今度のはあんま効いてないのかな」
ぐらいに思ってたけど、時間的にはおかしい。
まあでも4時間経つから花粉はともかく鎮痛剤、ああその前にトイレと、立ち上がったときに

くらっ

手で頭を支えつつ進むと、手が気持ち良い。てかアタマ熱いかも!?

どうでもいけど一応熱はかってみたら、37,4度でし。
微妙だ・・・めっちゃ微妙
いや、平熱の低い人にとっちゃふつうに「微熱あり」だけど、ワタクシ、平熱は36.8とか37とかなんさー。

うーん。

ドラクエする気力が頭痛のあまり失せてしまったので電源を切り、ダーリンの朝ごはんとか用意してる間に完全に朝になったから、花粉症の薬を飲んだ。
それから1H経っても、鼻水はおさまるどころかさらに滝のようにダラダラ勢いを増す。

鎮痛剤も抗アレルギー薬も、ちょっとも効かないということは・・・きっと風邪!!!!

で、漢方系の愛用の感冒薬飲んだら、頭痛ぴたりと治まったわ
アタマの熱感もスーッとクールダウン

うむ、やはり風邪のようだ!!!

ちなみに鼻水も止まったので他に症状がない。
この手の「どの薬飲んで良いのかワカラン」「結局熱だけ」という風邪を、私はよく引く。
ま、バファリン飲んでるうちに直るんで気にしないで~~~


さて、そんなわけでちょろっと出てきたけど、きのうはガルゴルDay
おととい、2回ガルゴルに参加するチャンスを潰して鬱屈していたので、察したフレさん・・・ていうか、愚痴聞かされたフレさんが、今日はいっせいに誘ってくれましたっ

まず昼間、
「ばくれつレンのフレがガルゴル初めていくから、よかったら一緒に行って教えてやって」
と頼まれ、フレのフレと。
その仲介者は
「ごめ、子どももうすぐ帰ってくるから私はいけない」
と、初対面二人ぼっちにされて・・・・えええええええええキミも行くんじゃなかったの!?
しかも@2枠もどうすんの???
野良で初対面はキツイよ?怖い人に当たったらどうすんの!?
結局、その初対面さんのさらにフレさんでやはり初だという方々をお呼びし
「恨みっこなし、多少聖水つかう覚悟で」
いくことになった
ワタクシごときの指導って、碌な事ないと思うけど・・・お金は預け、500G超えてるヒトは聖水買ってさらに減らし、

ワタクシ      =ツメ
フレのフレ     =ばくれつレン
フレのフレのフレ1=マセン
   〃      2=ばくれつパラ

で、ヴェリナードのガルゴルポイントへいき、練習ってことで、玉使わないで3サイクル。
ガルゴル自体が初なのにマセンって申し訳なかったけど、3名ともサポつれた乱獲はしているし、噂は断片的にきいているとのことでガルゴル対処のパッシブがあり、まあヘボ指導者の下でもなんとか
そんで、3人に指示出すの必死で写真無いわい

てなづけが効きにくくなったと聞いてはいたけど、ホントに
まあ3人が初心者で、指示出しながら、ピンチではおたけびながらだったので、効率が落ちるのは当然だけど、けっこうこの修整ではやりにくくなったな~って感覚。


それから12時間近く過ぎた真夜中、2回目。今度はチムメン。
団長     =弓賢者
まさと~(嫁)=マセン
けんじ    =ツメ
ワタクシ    =弓レン
ワタクシがレンを上げたいという理由で、嫁が初ガルゴルなのにマセンになった・・・すまんかった
(嫁は、本人の望む・望まないに関わりなく、戦闘操作能力強化中
 錬金はけっこうな凄腕)
マセンにかけてはスペシャリストを自負する団長の、このうえなく的確な指導がビシバシ
ちとスパルタだが、ヘンなクセつけるより最初に一流の方法を学ぶほうが、イイと思う、ウン

いやーもうレンジャー的には、賢者めっちゃありがたいっす
魔導の書のお陰でてなづけが決まるし、回復も神経すり減らすほど注意しなくても二人いるから気楽気楽
VU後の今は、魔導の書必須といいたい

ばくれつではないレンのワタクシ・・・Ptとして火力に軽い心配があって賢者も弓になってくれたのでそういう意味でも助かったし、マセンもちょっとラクになるのかな?
結果的に相当安定してたと思う。

ツメはセオリーどおりに動くとして、弓はスキル技の殺傷力にばらつきあるので攻撃力の加減がしやすく、マセンが杖で叩いて吸うタイミングもとれるし、MPも天使の矢で自力回復するため、バイキ・バイシ・ピオ・MP管理&配給と忙しいマセンも、MP配給に関しては1歩遅れても大丈夫という。

これはなかなか黄金Ptではないかと思ったしだい。

各自が元気玉使って、ワタクシもレンジャーのレベルUP

だがまたもや写真ない
このへんすでに頭痛の頂点。


そんで夜明け前、3回目。今度はぴろとその仲間たち。
ぴろ      =ばくれつ戦士(だっけ?)
まふゆちゃん=マセン
みやたん   =ばくれつレン
ワタクシ    =ツメ
これはツメ欲しいというご指示なので、盗賊よりレベル低かった武で・・・ぴろ周辺の人はがっつりやってるツワモノが多く、どんなメンバーかと密かに恐れた。
でも前夜、ガルゴルに乗り遅れた愚痴をこいた結果として誘ってくれたんだと思ったので、断る訳にもいかず・・・いや、危惧だった、みんな顔見知りだった

アプデ前なら王道のPTだけど、修整された今ではこれはちょっと効率が落ちるね。
賢者いたほうがいい。
しかしさすが効率計算のうまいぴろ、このメンバーでは最大の効果を出した・・っていうか

超元気玉

2回も使ってくれた。ありがたや、ありがたや
全員強すぎて、マセンが叩いてMP吸う前に殲滅してしまうため、マセンがMP管理にしんどそう。
ためるもタイガーも、少々控え気味にしてみた。
みんなうまいしフレなので少々失敗しても良いやという油断、てなづけ待ちの間にデコにペパーミント塗ったり、パンをくわえたりしながら、写真撮らず

レベル2つあがって夜明けに解散
まふゆたんは、24時間以上おきていたらしい・・・風邪引いちゃうぜ!?


ワタクシの反省>>>
3回も行って一回も写真撮れてないってどういうこっちゃ・・・



 こちら ↓ の四角いバナーをポチッ、してくださいな
 ワタクシのランクが上がり、もっと面白いカリスマブログ上位のページにも飛べる、一石二鳥です!!

ドラゴンクエスト ブログランキングへ


雨降ってきて、頭痛さらに治ったヨ
風邪もあるけど、低気圧もだったか・・・。
(それもいつものことさ)

PR
// この記事にコメントする //
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[261]  [260]  [259]  [258]  [257]  [255]  [256]  [254]  [253]  [252]  [251


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/11 二刀始めたルーガス]
[03/31 サク]
[03/23 食べ過ぎルーガス]
[03/11 ネーヤ]
[02/26 サク]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
サク
性別:
女性
職業:
兼業主婦
趣味:
すぐ飽きますが色々
バーコード
ブログ内検索
P R

Designed by TKTK
PHOTO by *05 free photo

忍者ブログ [PR]