忍者ブログ
ドラクエ10のお遊び日記
<< 05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>


2017/06/26 (Mon)                  [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2度のマタメンテなどの影響により、書きたいブログネタためこんじゃって、どっから手つけていいのか困惑の極みにあるサクです、おはようございます
(そして、プレイヤーズイベントを終えて、心地よい興奮のなごりに指まで躍っています

ていうか、ここでダーリンが帰宅してパソコンを使うと言い出し、睡魔に負けた為に彼が使い終わるのを待てなくてすっかり朝ではなくなったわ。
ごめんなさい。

気を取り直してイベントのことから書きます
まずこのイベントが始まったきっかけについて、どーしても書きたいんで、そこから書きます


去る、Vr.1.2も半ばを過ぎた1月末のこと。
団長・・・こと、わがチーム「潮風の騎士団」リーダー ツカサが、ある日。

「サク~~~。イベントをね、したいと思うんよ」


彼は正直、魔法戦士配信までは、チムメン以外にフレがいるのかも疑わしいほど内にこもったヒトだった。
(と、私は感じていた)

うちのチームの「各自の自由気ままを尊重」ゆえに、ややもするとバラバラ、一緒に何かをすることのない様子を団長として深く憂い、チームイベントを定期開催しよう、しよう!と、12月ぐらいから1人気炎を上げていたのに、誰も乗り気ではなく・・・
ワタクシも乗り気ではなく・・・
チムメンの多くは、1.1で登場した強ボスに挑まんと各自鍛え上げ、金策に励んで装備を整え、ようやく連日オーブゲットに勤
しんでいる頃だったのだ。
当時はいい金策でもあったし。
テンプレ構成ではボスにいきたくない団長と、魔法使いをそれ用に育成して何度か行ったものの早々に飽きてしまったワタクシ以外は、蜘蛛だ姉妹だ犬だとお忙しい12月だった。

チムチャで毎日団長の空回りする思い・・
「チームイベントして盛り上がりたい」
「強ボスってなんであんなにテンプレ構成以外シャットアウトするんだ」

チムメン、正直うざいよ、って思っていたはず。
少なくともワタクシは思っていたね

金策して、レベル上げて、お買い物して、戦い方を教えてくれる仲間を探して、挑んでいるほうも一生懸命なんだ。
一生懸命ドラクエを楽しんでいるんだ。
それに水を差すような行為はいかん。
というわけで、ボスに行かなくて暇なワタクシがお話し相手をつとめさせていただいた12月。

が、年末の1.2バージョンアップ、年始のワタクシダウン休(大晦日から寝込んでました)が終わると、恐ろしいまでに静か。
ストレスダダ漏れどころか、イベントしたいしたいという台詞もピタッと。

ていうか、団長、チムメン以外のヒトとPt組んで、ヘンな場所に行っている

彼は購入当初より念願の魔法戦士をカンストしたのち、自らの殻を破って積極的に「外」へ修行行脚に出ていた。
1.1の時は腐ってチムチャでストレスをダダ漏れにし、正直チムメンも辟易していたのだが、
「魔法戦士キターーーー
というわけで俄かに静かになって猛烈な速度でレベル上げ修行。

一人で無我夢中で打ち込んでいたので チムチャは平和になった。
ただし、今までが今までだけに、異様におとなしいとは思っていたのだ。

そんなある日、ああいった。

イベントがしたい

と。

どうやら修行とは、つきあいのいいチムメン「けんじ」とともに、いくつかのプレイヤーイベントを回っていたものらしい。
1人じゃなかったのね
目的は、魔法戦士として強ボスに挑む方法を探したいという、その一念。
1.2でやっと、
火力を魔法使いに依存しない強ボス攻略
が考えられ始めたので、早速それに乗る為の研究で、魔法戦士で修行に出たとか。

団長は羽化した。

外界へ武者修行に出た結果急激に世界が開け、フレンドが増え、チームリーダーとしても同様の立場の仲間が増え、どうやらちゃんと、強ボス挑戦にも魔法戦士の生きる世界を見つけてきた彼は、ついにサナギの殻を破ったのだ

野良では、装備やパッシブがそろっていないヒトは、剣もほろろに断られたり、罵詈雑言を浴びたりもする。
フレンドやチームの数が少なくて、一緒に行く人も、情報も、少ない。
徹底して物理が好きなのに物理では誰も入れてくれない。
だけど行ってみたい。

そんな 「興味があるのに敷居が高くていけない」強ボス初心者に、場を提供したい、との熱い思いから

イベントをしたいんよ

発言になったらしい。
自分が魔法戦士でいってみたかったときに、いざとなるとなかなか一緒してくれる人が見つけられず、指導者というか、熟達者でいろいろ教えてくれる親切なヒトもどうやって探したら良いのか困ったかららしい。

そのイベント開催のノウハウを見てくる意味でも、けんじと修行に出ていたらしく、既に彼の頭に明確なビジョンがあった。

第一回は、ワタクシは所用あって不参加。
チームから数名がスタッフとして参加してたわ。
初回という事で、いろいろ苦労しながらも何とかうまくいったと聞いています。
参加者は、人づてに誘い合ったりしたけどもかなり多かったとか。

その経験を踏まえて、練度が急激に増した第2回から、ワタクシ参加。

(以下続く) ランキングに参加しました。
どうぞよろしくお願いいたします


ドラゴンクエスト ブログランキングへ
PR
// この記事にコメントする //
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/11 二刀始めたルーガス]
[03/31 サク]
[03/23 食べ過ぎルーガス]
[03/11 ネーヤ]
[02/26 サク]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
サク
性別:
女性
職業:
兼業主婦
趣味:
すぐ飽きますが色々
バーコード
ブログ内検索
P R

Designed by TKTK
PHOTO by *05 free photo

忍者ブログ [PR]